2018年5月6日(日)、自然散策イベント「あおば川ガール森ガールになろう!」シリーズとして、寺家ふるさと村の尾根を歩いた後に 「農に学ぶ。」(特定非営利活動法人農に学ぶ環境教育ネットワーク) の茶摘み体験に参加するイベントを開催しました。


一行は寺家ふるさと村 四季の家を出発。水の入った田んぼにたくさんのカルガモを見つけ、参加者は目が釘付け(笑)。

最初に、スタッフから寺家ふるさと村で見られる植物や鳥を簡単に説明した後、熊野神社へ続く道から「寺家ふるさとの森」へ入ります。

熊野池、大池を通りながら尾根を歩きます。

途中、休憩がてら、茶摘みの豆知識もインプット。

尾根歩きを終えて、農に学ぶ。の「どんぐり農園」へ。すでにたくさんの人が集まっていました。

このどんぐり農園は、今から20年前、現在の農に学ぶ。の会員らの開墾によって再生されました。

農に学ぶ。は、「農」を通じた環境保全や子供の健全育成を図る活動を行なっているNPO法人です。寺家ふるさと村に隣接する東京都町田市三輪町の休耕田や耕作放棄地を地主さんから預かり、自然農での稲作や畑作、里山管理に取り組むとともに、農業体験を多数受け入れています。

出迎えてくださった理事長の木村広夫さんから、農に学ぶ。設立のお話もうかがいました。

さぁ、茶摘みの始まりです。「一芽三葉(ひとめさんば)」を合言葉に、茶葉を摘んでいきます。

摘んだ茶葉を蒸籠で蒸します。

そして、大人も子供もみんな、木村さんの見よう見まねで、火にかけた鉄板の上で茶葉を揉んでいきます。

できあがった茶葉でお茶を淹れ、みんなでいただきました。

大型連休の最終日。農に学ぶ。の皆さんのご協力で、茶摘みという貴重な体験ができました♪

農に学ぶ。では、茶摘みの他にも、山菜採りや椎茸菌打ち体験、芋掘りなど、様々な体験イベントを開催しています。また、稲作・畑作のボランティアも随時募集しています。ご興味のある方はぜひチェックを。

「農に学ぶ。」(特定非営利活動法人農に学ぶ環境教育ネットワーク)


東急電鉄Webメディア「とくらく」さんがこの日の様子を取材してくださいました!

○とくらく|あおば川ガール森ガールになろう!「寺家ふるさと村の尾根歩きと茶摘み体験」
 http://www.tokyuensen.com/special/report/detail297/


ご参加くださった皆様、ありがとうございました。次回の「あおば川ガール森ガールになろう!」の開催は、メルマガでご案内します。