12月から3月にかけて開催する「あおば川ガール森ガールになろう!」の訪問先との交渉も終え、概要が決まりました。現在、詳細なルートとタイムスケジュール設計のための下見段階に入っています。

今回は、川崎市早野聖地公園へ。ここは、多摩丘陵の恵まれた自然環境を活かした霊園であるだけでなく、実は里山エリアも残っています。


この写真を見ると「どこまで行ったの?」と思うかもしれません。あざみ野駅からバスで10分ほどの川崎市早野聖地公園の中にある、「里山ボランティア」の活動拠点です。当日は、里山ボランティアの小泉会長からお話を聞いた後、実際に活動エリア周辺をご案内いただきます。

里山ボランティアの皆さんは、里山再生とともに、農業体験や学校連携を通じて地域振興や文化継承にも取り組んでいます。

「なぜここの木を伐採しているのか」「なぜここにこのようものがあるのか」「どうやって循環させているのか」。環境や目的によっても違うので、森を守る活動がどのように行なわれているか、見ただけではなかなか分からないと思います。この機会にぜひ発見してください。

実は上記の写真に、自然に関する意外な解説ポイントが含まれています。当日をお楽しみに。

あおば川ガール森ガールになろう!、ぜひ来てくださいね。