2020年の歩き初めは、ちょっと足を伸ばして高尾山です。以前からメンバー内で話していた「シモバシラの氷の華」を見にいく企画が実現。高尾山を何度も経験し、かつ植物にも詳しいメンバーのガイドで、いろいろと教えてもらいながら歩きました。

8時に長津田に集合し、JRと京王を乗り継いで高尾山口駅へ。私たちが登ったのは6号路のびわ滝コースです。

渓流に沿ったこのコースは、台風19号の影響で一部通行止めになっていたそうです。今は全面通行可能ですが、倒木や土砂崩れなど、台風の名残りがありました。

山頂付近まで来ると、早速シモバシラ発見!小さめですがありました♪ (スマホカメラでの撮影ゆえ鮮明に写らず)

そして、富士山もくっきり!存在感ありますー。

また別の場所では、ベイブリッジから江ノ島までと、千葉の山々も見渡せました。

富士山を見ながらお弁当を食べた後は、神仏習合がよく分かる薬王院へ。御本社は長い行列でした。

散策の途中では、両面シダや、樹の枝に着生するサルオガセ、青い実を付けたオオバジャノヒゲなども楽しめました。

帰りに「高尾599ミュージアム」へ。おしゃれな体験型の博物館です。モモンガの毛を触っちゃったり。

羽を広げて迫りくる虫たち。

最後はミュージアムに併設のカフェでお茶して帰りました♪


かわもりあおばでは年に数回、こうした会員限定の遠足を開催します。会員は随時募集中ですので、興味のある方は 会員募集 ページへどうぞ。