今月から始まった、スタッフの学びとネットワークづくりのための月例勉強会。3月2日に、お隣の緑区にある新治(にいはる)市民の森へ行きました。

まずは、市民の森の近くにある畑へ。ここは「あおば川ガール森ガールになろう!」で講演をしてくださる石田周一さんが、「幸陽園」の仲間と野菜を作っている畑です。

畑の説明やここでの活動内容を聞いた後、石田さんから収穫体験のサプライズを頂戴し、葱や菜花を収穫させてもらいました。葱を抜く感覚がとても楽しい!

ここで使っている肥料も手作りで、近くの乗馬クラブでもらう馬糞を使っています。肥料にクワを入れてみると、白い湯気が上がってくるほどの熱。60度くらいあるそうです。

野菜の収穫も終わったところで、市民の森の中へ。雨で濡れたやわらかい地面を踏みしめながら、ひんやりとした森の中を歩くのもなかなか♪

新治里山公園・にいはる里山交流センター」に到着し、「あおば自然体験隊」で講演をしてくださった吉武美保子さんにご挨拶。午後に海外から来客があるそうでお忙しそうでした。

雨が本格的に降り始めたので、残念ながら午後からの散策は中止。旧奥津邸でお弁当を食べた後、秋以降の自主開催講座についてみんなで話し合いました。

秋・冬は単発の講座をやってみたいです。プログラムを検討していきます。